屋根板金補修と瓦の漆喰補修の巻

すすめ!空き家の活用法

 

今回、ご依頼いただきました空き家の利活用は趣味のための別荘として

お施主様がご購入された物件です。

和歌山県熊野市の近くの海岸線沿いには素敵なエリアです。

今回の物件はこちら海沿いのフィッシングハウス。

趣味の釣りのためにご購入されました。

築年数はおおよそ40年ぐらいでしょうか。。。(忘れてしまいましたが)

当時大工さんが拘って建築されたようで、

屋根の形状や表から見る表情は非常にcoolである。

現場調査時は5月の写真。青空が非常に綺麗な時期でした。

 

 

 

 

夏の晴天と軒先の修理を行う空き家

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガルバニウム鋼板で補修工事

 

海から来る潮風を受けながら長い間、浸透しつづけた雨水で下地が朽ちてしまい。

今回の工事は、2日間で完了しました。

ガルバニウム鋼板は耐久性が優れている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

既存はこのような状態でした。

奥の方は台風での強風にてめくれ上がっている状況でここの

穴の部分から大量の雨水が下地を朽ちくさせていました。

 

 

当時のトタンは劣化して剥離

裏側まで浸透

オレンジ色の防水塗料が塗布されている

通常、下地はラワン系のベニア板を使用することも多いのですが見た目より

機能を重視して、オレンジの塗料が塗布させているコンパネで施工。

コンパネとは??

万が一、ガルバニウム鋼板の継ぎ目から雨水が染み出しても

強いようにコンパネでしてほしい!とお施主様からの強い要望でした。

ついでに屋根の漆喰を補修

瓦の継ぎ目じ漆喰補修

ちょっとした補修もついでがあるときに一緒にしておくことが、ローコストで

済ます一番のポイントですね。

気に箇所の修繕だけではなく、一通りの屋根外壁のチェックもやってみる

ついでにできるところは一緒にご提案させていただいております。

ここは建築士の強みですね!

建築士が行う、住宅診断についてホームインスペクションをご活用ください。

こちらを参考に

 

 

 

 

南大阪・南河内でデザインリフォームするならhandystyle(ハンディスタイル)にお任せください。

お客様の理想のライフスタイルを家づくりを通してご提案させていただきます。

re-home & renovation 空き家改修・利活用の専門家

 

 

▼▼▼こちらSNSも更新中▼▼▼

理想の暮らし提案Instagram handy style

魅力的な地域の創造Facebook handy style

 

 

2021-10-06 | カテゴリー 屋根・外壁, 新着情報 | タグ , , , ,

関連記事