ホームインスペクション(住宅診断)

中古物件売買の前に診断をお勧めします。

床下ののぞき込み調査

 

①プロの目線から購入前の適切なアドバイス

②購入後のリフォーム費用などの事前把握

③住宅ローン減税などの特典

 

 既存住宅現況検査(ホームインスペクション)とは、住宅に精通したホームインスペクター(既存現況検査技術者)が、第三者的な立場また専門家の見地から、住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期、おおよその費用などを見きわめ、アドバイスを行う専門業務です。

住宅の購入前や、ご自宅の売り出し前にホームインスペクションを行うことで、建物のコンディションを把握し、安心して取引を行うことができます。

居住中のご自宅について調べることもあります。

診断の方法は、目視で、屋根、外壁、室内、小屋裏、床下などの劣化状態を診断するのが基本です。

機材を使用する詳細診断もあります。

ホームインスペクターは住宅の「かかりつけのお医者さん」です。

特に中古物件購入の際は事前に診断をお勧めします。

 

所要時間

建物面積 : 100m2(約30坪)程度

調査時間 : 2~3時間
※ 建物の大きさによって変動します。

 

診断費用

一次診断(目視等) : 無料

 

 

耐震診断

今のお住まいの耐震、これからのお住まいの耐震。

「今の家の耐震大丈夫?」
「耐震診断費用いくらかかるの?」
「あと何年くらいもつの?」

耐震診断の重要性は近年メディアでもたくさん報道されていますが、ここ関西では南海トラフ地震への対策も急速に進んできています。

このタイミングで是非一度耐震診断をしてみてはいがでしょうか?

 

所要時間

建物面積 : 100m2(約30坪)程度

調査時間 : 2~3時間
※ 建物の大きさによって変動します。

 

診断費用

簡易診断 : 無